本文へ移動

制震ダンパー「MIRAIE」

本震に続く余震のこと、また地震後の暮らしのことも考えると、耐震だけでは安心だとは言い切れません。
そこで私たちがご提案したいのが「制震」。住まいの持つ耐震性を損なうことなく新たな性能を加え、本震、余震に強い家づくりをご提案いたします。
中本屋工務店の家は「制震」+「耐震」で地震に強い!
制震ダンパー「ミライエ」標準採用
耐震だけではなく、「制振」という最新技術を。

あなたの住まい、耐震だけで安心・安全だとお考えですか?

耐震

建築基準法にも定められている、近年の新築住宅なら標準的に保持している性能です。
建物の強度を上げる地震対策ですが、建物が地震エネルギーを全て受け止めて耐えようとするため、構造躯体へのダメージが大きく、余震や別の地震の際に本来の性能を発揮できない可能性があります。

制震「MIRAIE」

地震エネルギーを吸収するシステムです。建物の揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。また、別の地震対策の1つである免震システム※と比較し、低コストで導入できることも魅力です。
※地面と建物の間に設置し、揺れを極力伝えないシステム。

安心・安全をより多くの住まいのために

耐震だけではなく、「制振」という最新技術を。
熊本地震の揺れを再現した制震効果の実証実験でMIRAIE装着とMIRAIE非装着で、建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定。この結果、地震の揺れ幅を95%(※1)低減できることが実証されました。
※1:2017年1月の実大振動台実験の結果による。
揺れを熱に変えて吸収する「高減衰ゴム」。長期に渡り、地震に備えます。
エネルギー吸収に使われている「高減衰ゴム」は、ほとんど弾みません。これは運動エネルギーを熱に変えて吸収・発散するためです。90年間(※2)メンテナンス不要なので、手間もかからず、エネルギー吸収材に最適な素材です。
※2:※促進劣化試験の結果による(高減衰ゴムダンパー部分において)
高層ビルや橋の制震ダンパーに使われる技術を住宅へ転用したMIRAIE。
住友ゴムグループの独自の技術から誕生した「高減衰ゴム」は、高層ビルや橋などの制震ダンパーに使われています。特に橋梁ケーブル用ダンパーでは、国内シェアNo.1(※3)の実績。使用範囲-20℃から60℃まで適応し、北海道から沖縄まで、気候の異なる屋外でも多数使用される信頼性の高い素材です。
※3:2014年3月当社調べ
1階に4ヵ所(※4)設置するだけで制震効果が得られます。
X方向、Y方向に、ダンパーが作用するよう設置。1階だけの設置で十分な制震効果が得られます。また、間取りを考慮しながら、側端部配置と中央部配置という2種類の配置位置が選べます。免震システムと比較し、低コストで導入いただけます。
※4:延べ床面積140平米(m2)以下の平屋、及び2階建ての住宅の場合、ただし多雪地は除く

震度7 緊急地震速報と地震波到達シミュレーション

100年の歴史を重ねる住友ゴムの実績

木造住宅用制震ダンパーの供給実績 No1

あなたのために、住まいのために。
MIRAIEが生まれました。

1909年に日本初の近代ゴム工場として創業した住友ゴム。価値ある商品を開発し、社会に貢献するという考えから、変革と挑戦を続けてきました。木造住宅用の制震ダンパーも多くの企業に支持され、供給しています。その住友ゴムが自社ブランドの制震ダンパーとして開発したのがMIRAIEです。
住友ゴムグループは、さまざまな事業、ブランドを展開しています。
タイヤ事業

スポーツ事業

TOPへ戻る